HOME > 「仲介」と「買取」の違い
differencemidashi.gif
一般的に不動産やマンションを売却する際には、「仲介」と「買取」の2種類の方法があります。
仲介とは、不動産会社があなたの不動産やマンションを買い取るわけではなく、あくまで売りたいあなたと買いたい買主をスムーズに結び付ける事を言います。
売主のメリットとしては、一般的に市場価格で売れるので金額的に高く売れるということが言えますが、デメリットとしては、売却まで時間がかかる場合があります。

買取とは、その名の通り、不動産会社があなたの不動産やマンションを買い取ることを言います。
その場合、不動産会社は買い取った後、リフォームなどをしてその売却物件の価値を高めて再販売する事で利益を得るのが通例です。
売主のメリットとしては、売却までの時間がかからないという事が言えますが、デメリットとしては、仲介で売却するよりも金額が安くなります。
したがって、時間がかかっても少しでも高く売りたい方は、「仲介による売却」をお勧めします。
反面、「周囲に知られたくない」・「生活しているところを他人に見せたくない」・「短期間で換金したい」・「買い替えの為あまり時間がない」といったご事情のお客様は「買取による売却」をご検討下さい。
ldifference.jpg rdifference.jpg
differencemidashi2.gif
merit
merit
売主様と当社の直接取引になりますので、通常の仲介手数料
「売買価格の3%+6万円」+消費税が不要です。
merit
merit
真野開発が買主としてお客様から不動産を買い取ります。
面倒な手続きは、必要ありません。
merit
merit
現状のままで、買取します。
室内がいたんでいる場合、一般のお客様へ仲介で売る場合は、
リフォームして販売しなければ買い手がつきません。
買取りの場合は、リフォーム不要です。
merit
merit
広告活動は一切行いませんので、近所に知られる事なく売却が
可能です。
当然秘密厳守ですので、他の不動産業者等にも情報が伝わること
はありません。
merit
merit
仲介の場合は、買主が見つかるまで何十組でも、見学が続きます。
買取の場合は、そのようなことはありません。
merit
merit
仲介で不動産を売却する場合、売り出してから買主を探すため、
売買期間は通常早くても1カ月。時間のかかる場合は半年以上
かかる場合もあります。
買取の場合は当社が買主ですので販売期間は不要です。
merit
merit
買主が個人でないので、売却後のアフターフォローや保証・瑕疵
担保責任が免責となります。
merit
merit
残債が残る場合も、金融機関との折衝を担当者が代行します。
通常、売却しても残債が残る場合は差額の持ち出しが必要と
なります。そういった場合も担当者が代行して、減免や担保解除
等への交渉を行います。
merit
merit
相続登記が未了の物件も司法書士と連携して敏速に対応します。
相続に必要な書類がそろえば、真野開発なら、相続登記と所有権
移転登記と代金支払いを同時に行うことができます。
merit
merit
通常契約後約1カ月の決済・引渡しが通常の取引ですが、契約を
してから 引渡しまで時間が必要な場合でも対応致します。
仮住まいを借りる手間や家賃・引越代を浮かすことが可能です。